初診受付サービス

・風邪症状(発熱・咳・咽頭痛・鼻水etc..)があり、インフルエンザ・コロナウイルス検査を希望の方 ,風邪症状の方、受付時間内に直接お越し下さい。事前のお電話は不要です。



インフルエンザ予防接種のご予約はご予約なくお受け頂けます。

立川駅北口より徒歩2分 

詳細MAP(PDF)

平日夜8時まで診療
土日も診療(祝日休診)

    医療法人社団テラス
立川クリニック

   内科、循環器内科、消化器内視鏡内科
糖尿病・内分泌、腎臓内科、呼吸器内科
トラベル外来、健康診断、予防接種

東京都立川市曙町2-11-2 
フロム中武7F

TEL: 042-526-5900

消化器疾患

道がんはどこにでもできる可能性がありますが、日本人の食道がんは約半数が食道の中央付近からでき、次に食道の下部に多くできます。食道がんは、食道の内面をおおっている粘膜の表面からできます。食道がんは食道内にいくつも同時にできることもあります。

がんが食道の壁の粘膜内にとどまるがんを早期食道がん、粘膜下層までしか及んでいないがんを表在食道がん、それより深い層まで及んでいるがんを進行食道がんと呼びます。

食道の粘膜から発生したがんは、大きくなると深層(外側)へと広がっていき、気管や大動脈などの周囲の臓器にまで直接広がっていきます。これを浸潤といいます。また、食道の壁内にあるリンパ管や血管にがんが侵入し、リンパ液や血液の流れに乗って、食道外にあるリンパ節や肺、肝臓などの他の臓器へとがんが移っていきます。これを転移といいます。

症状
食道がんは、初期には自覚症状がないことがほとんどです。早期発見の機会としては、検診や人間ドックの際の、内視鏡検査や上部消化管造影検査(バリウム食道透視検査)があります。がんが進行するにつれて、飲食時の胸の違和感、飲食物がつかえる感じ、体重減少、胸や背中の痛み、咳、声のかすれなどの症状が出ます。

胸や背中の痛み、咳、声のかすれなどの症状は、肺や心臓、のどなどの病気でもみられますが、肺や心臓やのどの検査だけでなく、食道も検査することが大切です。

胃炎

特定の種類の胃炎は、感染、重度の疾患が原因で生じるストレス、損傷、ある種の薬、免疫系の病気など、様々な要因によって起こります。

びらん性胃炎は、一般的にアルコール、重度の疾患が原因で生じるストレス、薬のような刺激物で特にアスピリンやその他の非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)により発生します。あまり一般的でない原因としては、 クローン病、放射線、細菌やウイルスによる感染(サイトメガロウイルスなど)、腐食性物質の摂取、直接的損傷(経鼻胃管挿入によるものなど)などがあります。人によっては、乳児用アスピリンを毎日服用するだけでも胃の粘膜が傷つくことがあります。

非びらん性胃炎は、通常、 ヘリコバクター・ピロリ感染により発生します。

感染性胃炎のうち、ヘリコバクター・ピロリ Helicobacter pylori(ピロリ菌)が原因ではないものはまれです。

ウイルス性胃炎や真菌性胃炎は、慢性疾患がある人や、エイズやがんがあったり 免疫抑制薬を服用しているなどで免疫機能が弱くなっている人に起こることがあります。

急性ストレス性胃炎はびらん性胃炎の一種で、突然の病気や損傷によって起こります。損傷部位は胃に限りません。例えば、広範囲な皮膚の熱傷(やけど)、頭部損傷、大出血を伴う損傷がその典型的な原因です。なぜ重篤な病気が胃炎を引き起こすのかは正確には分かっていませんが、胃への血流の減少、胃酸量の増加、胃粘膜の保護力と修復力の低下に関連している可能性があります。

放射線性胃炎は、胸部左下や上腹部への 放射線療法により胃の内面が刺激を受けると起こることがあります。

胃切除後胃炎は、胃の一部を切除する手術(胃部分切除術と呼ばれる)を受けた人に起こります。通常、組織を縫合(ほうごう)した部分に炎症が起こります。胃切除後胃炎は、手術によって胃粘膜への血流が減少したり、胃粘膜が過剰な量の胆汁(肝臓で生成される緑黄色の消化液)にさらされることで起こると考えられています。

萎縮性胃炎では、胃の粘膜が非常に薄くなり(萎縮)、胃酸と酵素を産生する細胞が大量にまたはすべて失われます。この状態は、 抗体が胃の粘膜を攻撃することで起こります(自己免疫性萎縮性胃炎と呼ばれます)。萎縮性胃炎は、ピロリ菌 H. pyloriの慢性感染がある人の一部にも発生します。また胃の部分切除を受けた人にも起こる傾向があります。

好酸球性胃炎は、線虫の寄生に対するアレルギー反応によって起こることがありますが、通常は原因不明です。このタイプの胃炎では白血球の一種である好酸球が胃壁に蓄積します。

メネトリエ病は原因不明のまれな胃炎の一種で、胃壁に厚い大きなひだができ、液体で満たされた嚢胞(のうほう)が形成されます。免疫反応の異常が原因となっている可能性がありますが、 ヘリコバクター・ピロリ菌感染とも関連があるといわれています。


胃潰瘍

潰瘍は粘膜や皮膚がただれて崩れ、深く傷付いている状態です。胃潰瘍は、胃液に含まれる強酸やタンパク質分解酵素のペプシンなどが粘膜を消化して潰瘍を生じます。胃液は食物の消化に加え、口から入ってきた病原体を殺菌・不活化する役割を持っています。通常は胃粘膜が粘液に守られていて胃液からのダメージを防ぎ、傷付いても速やかに修復します。ストレスやピロリ菌感染、非ステロイド系消炎鎮痛薬、暴飲暴食などの影響で本来の防御機能では間に合わないほど傷付いてしまって胃潰瘍になります。

ストレスをためやすく、責任感が強い性格の方が発症しやすい傾向があるとされていて、以前は男性の発症が多いとされてきましたが、現在は50代女性の発症が増加しており、若い方の発症も増えています。
痛みなどの症状は市販薬でも解消できますが、粘膜のダメージを修復して炎症を繰り返さないようにするためには消化器内科の受診が不可欠です。潰瘍・炎症が長期間続くと胃がんリスクの高い萎縮性胃炎に進行してしまう可能性がありますので、症状に気付いたら早めにご相談ください。


症状

主な症状は腹痛で、胸やけ、呑酸(酸っぱいげっぷ)吐き気や嘔吐、食欲不振、体重減少、口臭、背中の痛みなどを起こすことがあります。
潰瘍が悪化すると出血して、吐血や黒いタール便という下血を起こします。出血量が多いとめまいや頻脈などの貧血症状を起こすことがあります。

胃潰瘍で現れる症状は、消化器のがんをはじめ、多くの消化器疾患とも共通しています。
症状に気付いたらできるだけ早く消化器内科を受診して原因を確かめましょう。


胃がん

胃がんは、胃の壁の内側をおおう粘膜の細胞が何らかの原因でがん細胞となり、無秩序に増えていくことにより発生します。がんが大きくなるにしたがい、徐々に粘膜下層、固有筋層、漿膜へと外側に深く進んでいきます。

がんがより深く進むと、漿膜の外側まで達して、近くにある大腸や膵臓すいぞう、横隔膜、肝臓などにも直接広がっていきます。このようにがんが浸み出るように周囲に広がっていくことを浸潤しんじゅんといいます。がんが漿膜の外側を越えると、おなかの中にがん細胞が散らばる腹膜播種が起こることがあります。また、がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗って移動し、胃から離れた別の臓器で増える転移が起こることもあります。

なお、胃がんの中には、胃の壁を硬く厚くさせながら広がっていくタイプがあり、これをスキルス胃がんといいます。スキルス胃がんは進行が早く、腹膜播種が起こりやすい特徴があります。また、内視鏡では診断することが難しい場合もあります。症状があらわれて見つかったときには進行していることが多く、治りにくいがんです。

症状
胃がんは、早期の段階では自覚症状がほとんどなく、かなり進行しても症状がない場合もあります。

代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などです。また、がんから出血することによって、貧血が起こることや、黒い便(血便)が出ることもあります。しかし、これらは胃がんだけではなく、胃炎や胃潰瘍いかいようでも起こる症状です。そのため、胃炎や胃潰瘍などで内視鏡検査を受けたときに、偶然がんが見つかることもあります。

なお、食事がつかえる、体重が減る、といった症状がある場合は、進行胃がんの可能性もあります。
このような症状がある場合は、検診を待たずに、内科や消化器内科などの身近な医療機関を受診するようにしましょう。

ピロリ菌感染症

ピロリ菌は、胃の中に長年住み続けている細菌です。かわいらしい名前なので、ピロリ菌という名前に聞き覚えのある方もいらっしゃると思います。テレビCMで、この名前を耳にしたかたもいらっしゃるかもしれません。正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ菌」といいます。

このピロリ菌、名前の由来をたどっていくと、その特徴がよくわかります。「ヘリコ」とは「らせん」や「旋回」という意味で、ヘリコプターのヘリコと同じ意味です。ピロリ菌は、体が細長い「らせん状」をしていて、体の片側に数本のひげ(べん毛)を持っています。このべん毛を素早く回転させて、胃粘膜表面を自由自在に動きまわることができます。「バクター」とはバクテリア(細菌)で、「ピロリ」とは胃の出口(「幽門」といいます)を指す「ピロルス」からきています。この菌が初めて見つかったのが胃の幽門部であったため、このような名前がつきました。

胃という消化器官は、食べ物を消化させるために強酸性の「胃酸」を分泌させます。従来は、この強酸の環境に細菌がいるとは考えられていませんでしたが、1980年代にピロリ菌が発見されました。ピロリ菌が強酸性下の胃の中で生育できるのは、胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、アンモニアで酸を中和することにより、自分の身の回りの酸を和らげているためです。

ピロリ菌がいると、胃がんや胃潰瘍になりやすいと言われますが、それはその行動にあります。ピロリ菌はべん毛を高速で回転させ、その回転力で胃の中をドリルのように進みます。その時に、胃の粘膜や壁を傷つけてしまうため、胃壁が酸の攻撃を受けやすくしてしまうのです。

潰瘍のリスクファクターとしてはストレス・たばこ・暴飲暴食などがあげられますが、そのような状態でピロリ菌に胃壁を傷つけられたら、さらに症状が悪化してしまいますね。潰瘍の治療での治りにくさや、治療後の再発もピロリ菌が大きく関与していると考えられています。

症状

ピロリ菌感染そのものによる症状というものは、ほとんどありません。ピロリ菌に感染するとほとんどの人では慢性的な胃炎が起こりますが、胃炎そのものは症状を起こしません。ただし、以下の症状を伴うことがあります。

  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍ができるとおなかが痛くなる
    (特にみぞおちあたりが食後や空腹時に痛くなります)
  • 胃がんになるとお腹が痛くなる・食べるとすぐお腹がいっぱいになる・吐く・体重が減る・貧血になる

いわゆる「胃の調子が悪い」といっても必ず病気があるわけではなく、逆に「症状が出ない」といっても病気が密かに進行している場合もあり得るのです。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎のほとんどはピロリ菌が原因で起こります。胃癌のほとんども慢性胃炎から起こりますので、やはりピロリ菌が原因です。ほかにもmaltomaという胃のリンパ腫や、血小板減少性紫斑病の中にもピロリ菌が原因となっているものがあります。


大腸がん

大腸がんの罹患率は50歳代から年齢が上がるにつれ高くなります。男性の方が女性より罹患率、死亡率ともに2倍ほど高いのが特徴です。しかし、発生部位別でみると男性では肺がん、胃がんに次ぐ3位なのに対し、女性では1位となっています。罹患率においても女性では毎年増加傾向にあります。大腸がんは日本人では直腸がん、S状結腸がんが多いとされ、次いで上行結腸がん、直腸S状部がん、横行結腸がん、盲腸がん、下行結腸がんの順になります。

症状

大腸がんは早期のものは無症状のものが多く、進行すると症状が出現することがあります。症状は血便、排便習慣の変化(便秘、下痢)、便が細くなる(狭小化)、残便感、貧血などで、腫瘍が大きくなり腸管の内腔が狭くなると腹痛、腹部膨満感、嘔気、嘔吐などの症状が出現します。また腫瘍が他の臓器へ転移、浸潤した場合は他臓器の画像検査や他臓器症状(血尿、性器出血など)が発見の契機となることもあります。

症状はがんの部位にも影響されます。右側大腸(盲腸から横行結腸まで)では腸内溶液が液状であり、症状が出るとしても貧血や軽度の腹痛に留まることが多いです。
一方左側大腸(下行結腸から直腸)では便が固形となり腸管腔も狭くなるため通過障害を来す頻度が高くなり、腹痛や嘔吐の症状が出ることがあります。また肛門に近い腫瘍では血便や便柱狭小化を来すこともあります。